• お歳暮のマナーについて

    お歳暮は、日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを込めた贈り物をする習慣です。

    従来はお世話になった人へ贈るものでしたが、近年では友人や知人、親族にも対して贈られる場合も多く見られます。


    贈る時期は関東では12月上旬から12月20日が一般的ですが、地方によって時期が異なることもあるので注意しましょう。最近では12月のはじめごろに贈ることも多くなり、先方の事情などを考慮して早めに贈っても失礼にはあたりません。

    本来のお歳暮は、送る品を持参して直接手渡すのがマナーです。

    お歳暮情報について詳しく解説しております。

    しかし、デパートやお店などで注文し送ってもらうケースが多くなりました。



    手渡ししない場合には、お歳暮が届く前に送り状を郵送する必要があります。


    送り状の内容は、日ごろお世話になっていることに感謝していることを伝え、同時にお歳暮を贈ったことを書きましょう。



    のし紙は手渡しでは外のし、宅配便で送る場合は内のしにするのが基本です。

    外のしは、品物を包装紙で包み、その上からのしをつけます。

    内のしは品物の箱にのしをつけ、その上から包装紙で包むようにします。


    喪中など贈る相手に不幸があった時でも、年賀状などと違ってお歳暮を贈ることが可能です。

    受け取る側でなく贈る側が喪中であっても問題ありません。
    ただし、初七日の時や法要の際に持参するのは避けた方が無難です。

    贈るタイミングが難しい時は、先方が落ち着くころまで時期をずらし、寒中見舞いや寒中お伺いの時期に贈り物を届けるのがおすすめです。