• お歳暮で贈ってはいけないもの

    基本的に、お歳暮はさまざまなものを贈っても問題はありません。
    しかし、相手側がもらうと困るものがあります。

    それは賞味期限の短い食品です。

    お歳暮の情報を調べてみましょう。

    お歳暮で贈ることの多い食品ですが、その賞味期限に注目をしなければなりません。
    もし、賞味期限が短いと、相手は急いで食べなければならないという感情に追われ、困ってしまいます。


    せっかくの感謝の気持ちは伝わりにくくなってしまいます。

    具体的には生のお肉や、生菓子が挙げられます。



    また、消費期限ではなく賞味期限が切れるくらいなら問題はないのではないかという方もいるかと思いますが、その考えは浅はかです。


    たとえ賞味期限だとしても、人に渡すものだということを意識しなければなりません。


    もらった相手がどのようなことを思うのかを考えなければいけません。
    もし自分が賞味期限が切れた食品をもらったとしましょう。

    嫌な気持ちはしないとしても、いい気持ちもしないでしょう。

    そのことから、相手をいい気持ちにするためには、賞味期限が切れた食品を贈るということは間違っているということがわかります。



    例えば、どうしてもお肉を贈りたいと考えている場合、加工食品を贈るという手もあります。
    生ものであるため、賞味期限が短いという理由ならば、加工食品にすれば問題はありません。

    これは、お肉に限った話ではないので、加工食品に目を向けてみるのもいいかもしれません。
    とにかくお歳暮は、相手が喜ぶことを第一に考えましょう。