• お歳暮についての豆知識

    一年の感謝の気持ちを伝えるために贈るお歳暮ですが、その起源を知っている人はそう多くはありません。


    実は、この文化は年越しの御霊祭りで祖先の霊前に供えた名残という説が濃厚です。

    幅広い分野のお歳暮の情報が欲しい方必見です

    そして、この供物を嫁いだ娘などが家に持ち寄ったことに由来しています。



    その後、年末に帰省できない子供、遠くに住んでいる親戚が、祖先の霊や新年の神様に供えるものを家に贈るようになり、それが変化して、現在では日ごろお世話になっている親族や上司にも贈るような文化に変化していきました。もともと、歳暮という言葉は年の暮れを意味しています。
    そのため、年末の贈り物の呼び名として定着していきました。
    お歳暮を贈る時期にもある程度決まりがあります。
    12月上旬から12月25日ごろまでに相手に届くようにしなければなりません。

    つまり、クリスマス前までには相手に贈っておきたいということです。


    25日以降に贈ってはいけない理由として、年末に近づくにつれ正月準備に追われるため、受け取る暇がないからです。
    もし年を越してしまいそうな時期にどうしても贈らなければならない場合は、松の内である1月7日までの御年賀に贈ります。



    ただし、関西地方の場合は15日までとなっています。それ以降になると、寒中お見舞い、寒中御伺いとして贈ることとなります。

    時期によって呼び名が変わってくるので、知っておくといいでしょう。

    正しい知識を身に着けてお歳暮を贈ってみると、本来の意味を理解できます。