• お歳暮に対するお礼について

    お歳暮をこちらから贈るのではなく、会社の部下などからもらった場合ですが、この場合、品物を相手に対して返すことまでは必要ありません。
    基本的に、お歳暮は目上に対しての場合が多いはずですので、逆に目下に対して答礼としての品物を返すというのは、やはり違和感のある対応のしかたになってしまいます。

    今すぐ見つかるお歳暮にはこちらのサイトが最適です。

    このような場合ですが、品物ではなく、手紙やはがきなどで、礼状をしたためて相手のもとに送付するのが、もっともスマートな方法といえます。

    お歳暮の礼状のなかには、お歳暮をもらったことに対して感謝の気持ちを述べるとともに、品物をたしかに受け取ったことも含めておくのがよいとされています。



    お歳暮を直接手渡された場合は別ですが、現在ではデパートやギフトショップなどから、相手の住所に宅配便などで送付してしまうことも多く、しっかりと届いているのかどうか、送り主としても確認したいはずだからです。

    このような手紙は、受け取ってからすぐに書いておくことが重要です。



    あまりにも受け取った日から離れてしまっては、やはり失礼になってしまうため、そのことに対してのお詫びの文言なども含める必要があります。また、手紙ではなく、やはり品物で返したいという場合には、相手の品物よりも高額にはならない程度、たとえば半返し程度のごく軽いものにするのがよいでしょう。
    あくまでも相手からの感謝の気持ちのほうが先ですので、それよりも立派なものを返礼されては、相手としても立つ瀬がありません。