• お歳暮のマナーについて

    年の瀬に贈るお世話になった人や友人や知人、親族に贈るのがお歳暮です。
    お世話になった人にお歳暮を贈るという人も多いと思いますが、なんとなくで贈っているという人もいると思います。

    今、話題のお歳暮に関する情報満載です。

    ただ物を贈れば良いというものではなく、きちんとマナーを守って贈ることで相手側にも気持ち良く受け取ってもらえます。
    お歳暮のマナーとしては、まず贈る時期に注意することが必要です。
    地域によっては11末ごろから贈るところもありますが、現在では12月の初め、遅くても20日くらいまでに届くように贈ることが一般的となっています。


    忘れて年内に届けられない場合には正月の松ノ内である1月6日までに御年賀として送ります。


    御年賀として贈る場合には、お歳暮を届けられなかったことをお詫びして、年明けに贈らせてもらうことを電話か手紙で連絡しておくことがマナーとなっています。
    正しい贈り方としては、まずのし紙を付けます。

    紅白の5本または7本の花結びにのしがついたでなデザインのものを使います。

    表書きにお歳暮と書き、名前を書く場合には水引中央結び目の下に小さめに名前を書きます。



    本来は事前にいくことを連絡しておき、先方に持参することが習わしでしたが、近年ではデパートから直接送ったり、宅配便で贈ることが一般的となっています。
    身内や友人などに贈る場合には、電話やメールなどで伝える程度で良いですが、普段からお世話になっている人には贈り物に挨拶状をつけるか、手紙かハガキにを贈ることがマナーとなっています。



  • 学ぼうお歳暮の事

    • お歳暮は、日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを込めた贈り物をする習慣です。従来はお世話になった人へ贈るものでしたが、近年では友人や知人、親族にも対して贈られる場合も多く見られます。...

  • お歳暮をよく学ぶ

    • お歳暮をこちらから贈るのではなく、会社の部下などからもらった場合ですが、この場合、品物を相手に対して返すことまでは必要ありません。基本的に、お歳暮は目上に対しての場合が多いはずですので、逆に目下に対して答礼としての品物を返すというのは、やはり違和感のある対応のしかたになってしまいます。...

  • お歳暮の納得の事実

    • 基本的に、お歳暮はさまざまなものを贈っても問題はありません。しかし、相手側がもらうと困るものがあります。...

  • お歳暮の大人の常識

    • 一年の感謝の気持ちを伝えるために贈るお歳暮ですが、その起源を知っている人はそう多くはありません。実は、この文化は年越しの御霊祭りで祖先の霊前に供えた名残という説が濃厚です。...